ホーム > 税務課 > 税金(軽自動車税)

税金(軽自動車税)

納税義務者

毎年4月1日現在、原動機付自転車・軽自動車・二輪の小型自動車・小型特殊自動車等を所有されている人に課税されます。

税額

国の税制改正において、軽自動車税の標準税率の引き上げ等が行われたことにより、平成28年度より軽自動車税の税率は以下のとおりとなります。

原動機付自転車および二輪車、小型特殊自動車等

種別 税率(年額)
平成27年度まで 平成28年度から
原動機付自転車 50cc以下 1,000円 2,000円
50cc超90cc以下 1,200円 2,000円
90cc超125cc以下 1,600円 2,400円
ミニカー(三輪以上、20cc超) 2,500円 3,700円
小型二輪 250cc超(側車含む) 4,000円 6,000円
小型特殊自動車 農耕作業用自動車 1,600円 2,400円
その他のもの 4,700円 5,900円

※ミニカーとは、三輪以上で総排気量が20ccを超え50cc以下のもののうち、車室を備え、または輪距が50cmを超えるものをいいます。(屋根付三輪を除きます。)

小型特殊車両の課税について

道路運送車両法施行規則 第二条 別表第一に規定されている以下の車両については、軽自動車税の課税対象となります。

車両の種類 該当用件
小型特殊自動車 農耕用 農耕トラクター
コンバイン
田植機
農業用薬剤散布車など
最高速度が時速35km未満
(※乗用装置があるもの)
その他 フォークリフト
ショベルローダ
タイヤローラ
ロードローラなど
下記の条件すべてを満たすもの
  • 車両の長さ4.7m以下
  • 車両の幅1.7m以下
  • 車両の高さ2.8m以下
  • 最高速度時速15km以下

※地方税法上、小型特殊自動車は使用形態(路上を走る、走らない等)に拘わらず、毎年4月1日現在の所有者に軽自動車税が課税されます。

四輪以上および三輪の軽自動車

  • 平成27年3月31日以前に最初の新規検査をされた車両は、13年を経過するまでは「1.旧標準税率」の税率になります。
  • 平成27年4月1日以後に最初の新規検査をされた車両は、「2.標準税率」の税率になります。
  • 平成28年4月1日以後の賦課期日(毎年4月1日)現在に、最初の新規検査から13年(14年目)を経過した車両は、「3.重課税率」の税率になります。

種別

税率(年額)
1.旧標準税率 2.標準税率 3.重課税率
軽自動車 三輪のもので660cc以下のもの 3,100円 3,900円 4,600円
四輪以上のもので660cc以下のもの 乗用 営業用 5,500円 6,900円 8,200円
自家用 7,200円 10,800円 12,900円
貨物用 営業用 3,000円 3,800円 4,500円
自家用 4,000円 5,000円 6,000円

※電気軽自動車、天然ガス軽自動車、メタノール軽自動車、混合メタノール軽自動車およびガソリンを内燃機関の燃料として用いる電力併用軽自動車並びに被けん引車は重課の対象から除きます。

最初の新規検査とは

「最初の新規検査」とは、新規検査(新車)のことをいいます。軽三輪と軽四輪については新規検査(新車)の実施年月で税率を判定します。なお、最初の新規検査年月は、自動車検査証の「初度検査年月」で確認できます。

初度検査年月イメージ

軽四輪の新税率と重課・軽課 税率の適用例
平成15年8月7日に最初の新規検査を受けた車両を購入した場合
  • 平成28年4月1日 → 7,200円(税率変更なし)
  • 平成29年4月1日 → 12,900円(賦課期日現在、最初の新規検査から13年を超える税率)

三輪および四輪の軽自動車にグリーン化特例(軽課)が適用されます

平成29年度課税時に三輪および四輪の軽自動車で、排出ガス性能および燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、グリーン化特例(軽課)が適用されます。

適用条件

平成28年4月1日から平成29年3月31日までに最初の新規検査を受けた三輪および四輪の軽自動車(新車に限る)で、次の基準を満たす車両について、当該取得をした日の属する年度の翌年度分の(平成29年度)軽自動車税に限り、グリーン化特例(軽課)を適用します。

※なお、平成28年度にグリーン化特例により軽課対象となった車両(平成27年4月1日から平成28年3月31日までに新車新規登録)は、平成29年度から標準税率となります。

新車を新規登録した期間

平成28年4月1日から平成29年3月31日まで

標準税率

車種

概ね75%軽減(ア)

概ね50%軽減(イ)

概ね25%軽減(ウ)

軽三輪

1,000円 2,000円 3,000円 3,900円
軽四乗用(営業用) 1,800円 3,500円 5,200円 6,900円
軽四乗用(自家用) 2,700円 5,400円 8,100円 10,800円
軽四貨物(営業用) 1,000円 1,900円 2,900円 3,800円
軽四貨物(自家用) 1,300円 2,500円 3,800円 5,000円

(※ア・イ・ウの金額は軽減後の税額)

税率(ア)

電気自動車または天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス10%低減)

税率(イ)

乗 用 平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+20%達成車
貨物用 平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+35%達成車

税率(ウ)

乗 用 平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準達成車
貨物用 平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+15%達成車

※税率(イ)、税率(ウ)については、内燃機関の燃料が揮発油(ガソリン)の軽自動車に限ります。
※各燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています。

グリーン化特例(軽課)の適用例
平成28年5月1日に最初の新規検査を受けた、乗用自家用の基準に該当する車両を購入した場合

ガソリン車・ハイブリッド車で、平成17年排出ガス基準75%低減達成車かつ平成32年度燃費基準値+20%達成車とすると

  • 平成29年4月1日 → 5,400円(軽課税率)
  • 平成30年4月1日 → 10,800円(新税率)
  • 平成42年4月1日 → 12,900円(賦課期日現在、最初の新規検査から13年を超える税率)

登録の手続き

原動機付自転車を新規で購入された場合

所有者の印鑑、販売証明書・販売確認書またはグッドライダー防犯登録票をご持参ください。

原動機付自転車を中古で譲り受けられた場合

所有者の印鑑、廃車済証または販売証明書等で車台番号が確認できる書類および車体番号の石刷りをご持参ください。

廃車の手続き

窓口にこられる方の印鑑、所有者の印鑑、交付されているナンバープレートをご持参ください。ナンバープレートを返却していただきます。紛失等によりナンバープレートを返却できない場合は、「紛失届」を提出していただきますので、所有者の印鑑をご持参ください。

軽自動車、二輪の小型自動車の登録・変更・廃車手続き

以下のところで手続きをしてください。

軽四輪自動車・軽三輪自動車の登録・変更・廃車手続き取扱事務所 

軽自動車検査協会 和歌山事務所

〒640-8404 和歌山市湊1106-25
電話番号 050-3816-1846
業務受付時間 午前8時45分~午前11時45分、午後1時00分~午後4時00分

軽二輪自動車・二輪の小型自動車の登録・変更・廃車手続き取扱事務所

近畿運輸局 和歌山運輸支局

〒640-8404 和歌山市湊1160-4
電話番号 050-5540-2065

軽自動車税の減免

心身障害の程度が一定以上の方を対象とした軽自動車税の減免制度があります。申請する場合は次のものを用意し、納期限までに税務課税務班へお越しください。減免できるのは、障害者の方一人に対して1台です。ただし、普通自動車税の減免を受けている方の重複申請はできません。

  1. 手帳(交付されている以下の手帳のいずれか)
  • 身体障害者手帳
  • 戦傷病者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  1. 運転免許証(付き添いの運転者がいる場合、その運転者の免許証)
  2. 印鑑(認印可)
  3. 自動車検査証(車検証) ※車検がある車両の場合
このページに関するお問合せ先
広川町 税務課 税務班 TEL 0737-23-7734 FAX 0737-64-1565
最終更新日:2017228