ホーム > 企画政策課・総務課 > 広川町の移住・定住施策

広川町の移住・定住施策

このページでは、町外や県外から広川町への移住をお考えの方に役立つ情報をまとめています。

すべての人のふるさとに 移住推進の町 広川町

fig1

広川町は和歌山県の中心に位置し、海・山・川がそろう町で、春には桜が咲き乱れ、夏には西広海岸が多くの家族連れで賑わいます。そんな自然豊かな町で生まれる特産品には作り手の愛情が込められており、有田みかんは広川町の名産品のひとつです。

また、広川町は「稲むらの火」の逸話でも有名で、「稲むらの火の館」や国の史跡にも登録されている「広村堤防」など歴史を感じられる町でもあります。
そして町内で行われるイベントや祭では多くの人が訪れ活気があり、10月に行われる「稲むらの火祭り」や津木寄合会や広川を愛する会が手がけるイベントにも多くの人が訪れます。そんな広川町をみなさんのふるさとにしてみませんか。


空き家の活用

広川町では、空き家対策制度として空き家情報登録台帳制度をおこなっています。

→空き家情報登録台帳制度

※空き家情報登録台帳制度とは、町内の空き家の所有者が当該空き家の売却や賃貸借等を目的としてその情報を登録し、空き家の利用を希望する者に対して情報提供をするための制度です。

広川町の求人情報

広川町に住みながら働ける求人情報をまとめています。

※内容について詳しくは企画政策課窓口(TEL:0737-23-7731)までお願いします。

広川町ワンストップ相談窓口

和歌山県内の移住を推進する地域では、各市町村のワンストップ相談窓口や受入協議会が移住希望者と地域の橋渡しをおこなっています。

※ワンストップ相談窓口とは、移住に関するあらゆる相談を一手に引き受ける市町村の担当職員(ワンストップパーソン)に相談できる窓口です。
※受入協議会とは、地域住民や先輩移住者により結成され、移住者が地域にスムーズに溶け込めるようサポートする地域団体です。

移住に関する支援制度について

広川町には、移住・定住希望者に対する支援制度が充実しています!

→広川町支援制度一覧ページを開く

参考リンク(和歌山県ホームページ)

→県外からのに移住に関する支援制度

移住・定住に対するフリーローンの金利優遇について

広川町では、きのくに信用金庫と連携して移住者向けの金利優遇措置を実施しています。
広川町役場の「移住・定住推進支援証明書」の交付を受けた方は、通常より0.5%引き下げられた金利で融資を受けられます。

※ローンのご利用には金融機関の審査があります。
※「移住・定住推進支援証明書」は融資を決定するものではありません。

ご利用いただける方

  • 申込時年齢が満20歳以上65歳以下の方
  • 広川町役場の「移住・定住推進支援証明書」の交付を受けた方
  • 株式会社セディナの保証を受けられる方

必要書類

  • 運転免許証・パスポート・健康保険証のいずれかの本人確認資料
  • 所得を証明する書類(申込金額200万円までは不要)

融資の使途

自由(ただし、事業性資金を除く。広川町の証明書が発行できる資金使途。)

このページに関するお問合せ先
広川町 企画政策課 TEL 0737-23-7731 FAX 0737-62-2407
最終更新日:2017925

もくじ

企画政策課・総務課

企画・広報
計画・公表等

→事業計画等については情報公開ページへ

住宅向け補助制度等

→その他の補助制度(一覧)

人事・採用
各種情報・相談窓口

分類からさがす
課からさがす
便利リンク

ふるさと寄附金(ふるさと納税)