ホーム > 総務政策課 > ヒロシマ原爆展・講話会

ヒロシマ原爆展・講話会

広島、長崎に原爆を投下した米国の現職大統領として初めてとなる歴史的な被爆地訪問を実現したオバマ氏は、原爆死没者慰霊碑前での演説で「1945 年8 月6 日の朝の記憶は決して風化させてはならない。」と述べました。

 広川町では、戦争や核兵器の恐ろしさ、平和の大切さへの理解を深め、命の尊さを改めて考えていただくため、ヒロシマ原爆展・講話会を開催します。原爆被災の惨状を伝える写真ポスターや遺留品などの被爆資料を展示するほか、被爆体験証言者を招いての講話会などを行います。皆さま是非お越しください。

案内

開催期間

平成28年7月20日(水)~7月28日(木)
午前8時30分~午後5時15分

会場

広川町役場庁舎(原爆展:1階ロビー/講話会:3階大会議室) ※入場無料

展示内容

  • 写真等パネル… 37枚
  • 被爆資料… 20点
  • 図書コーナー… 14冊
  • DVD上映

被爆体験証言者講話会

  • 7月23日(土)午前10時30分~、午後2時00分~
  • 7月24日(日)午前10時30分~

主催:広川町 広川町教育委員会 広島市
後援:和歌山県町村会 和歌山県教育委員会 和歌山県町村教育長会

このページに関するお問合せ先
広川町 総務政策課 TEL 0737-23-7732
最終更新日:2016627

もくじ

総務政策課

企画・広報
計画・公表等

→事業計画等については情報公開ページへ

住宅向け補助制度等

→その他の補助制度(一覧)

人事・採用
各種情報・相談窓口

分類からさがす
課からさがす
便利リンク

ふるさと寄附金(ふるさと納税)