ホーム > 住民生活課 > 浄化槽の維持管理について

浄化槽の維持管理について

浄化槽は維持管理が必要です

1.保守点検を受けましょう。

保守点検は機器に故障等がないかを点検し、簡単な修理、害虫の駆除、消毒薬の補充などを行う作業です。保守点検業者と契約し、浄化槽の定期的な点検を受けましょう。

保守点検業者は、広川町に登録されている業者に委託してください。

2.清掃(汲み取り)をしましょう。

清掃は浄化槽内の汚泥等の引き出し、各装置・附属機器類の洗浄を行う作業です。清掃を怠ると悪臭を発生させる原因になります。

清掃業者は、広川町が許可した業者へ委託してください。

※一般家庭の浄化槽では、年1回以上の清掃が必要です。

3.法定検査(水質検査)を受けましょう。

法定検査とは、浄化槽が正しく維持管理されているか、正しくきれいな水に処理されているかを判断するための検査です。

保守点検・清掃とは別に毎年1度受けることが義務付けられています(第11条検査)。また、新たに浄化槽を設置した時は、使用開始後3か月を経過した日から5か月の間にも検査を受けなければなりません(第7条検査)。

浄化槽の維持管理イメージ

和歌山県では、下記の検査機関を指定しています。

公益社団法人和歌山県水質保全センター

(住所)〒640-8032 和歌山市南大工町26(環境会館)
(TEL)073-432-6433

→水質保全センターのホームページはこちら


参考リンク

※外部サイトにアクセスします。

このページに関するお問合せ先
広川町 住民生活課 住民環境班 TEL 0737-23-7714 FAX 0737-64-1565
最終更新日:2017526